甲子園2021は中止?開催?いつからいつまで?【夏の高校野球】

2021年の今年、夏の甲子園は開催されるのでしょうか?

オリンピックもあるので日程も気になるところです。

夏の甲子園が中止か開催か、また期間はいつからいつまでか等、簡単にまとめました。

スポンサーリンク

甲子園2021は中止?それとも開催?

2021年の夏の甲子園(第103回大会)は開催されます!

コロナ禍であることが懸念されますが、春のセンバツでは感染症対策として経費回収・観客減少の2つの観点から入場料の値上げ等の取り組みをされていました。

いまのところ、夏の甲子園の入場料金は春の高校野球選抜と概ね同じ水準で予定されているようです。

  • 中央指定席:3,900円
  • 一・三塁指定席:3,400円
  • 外野席:500円(春は700円だった)

 

甲子園そのものは開催されますが、「甲子園練習」は一般の人が観に来たりするので中止となりました。

また、敗戦チームが試合後に土を持ち帰るのも禁止されていますね。

甲子園2021はいつからいつまで?

2021年8月9日から2021年8月25日までの予定です。

2021年 夏の甲子園日程
  • 8月9日:開幕
  • 8月9日〜8月13日:1回戦
  • 8月13日〜8月17日:2回戦
  • 8月18日〜8月19日:3回戦
  • 8月20日:休養日(3回戦後に新設)
  • 8月21日:準々決勝
  • 8月22日:休養日(女子高校野球決勝
  • 8月23日:準決勝
  • 8月24日:休養日
  • 8月25日:決勝

夏の甲子園は球児にとってハードだということで多くの議論がなされてきましたが、今大会では初めて3回戦後に休養日が設けられるようです。

 

なお、地方大会は北海道は2021年6月26日から開催されており、全国一番乗りで札幌工が緒戦を突破しています。

本当は沖縄大会が6月19日から開催される予定でしたが、緊急事態宣言によって7月3日からに延期となりました。

その他の地方は7月初旬から順次開催予定となっています。

そして、2021年8月2日までに全日程が消化される予定です。

スポンサーリンク

夏の高校野球2021は女子が初の甲子園へ!

特筆すべきは2021年8月22日の休養日に、女子の夏の高校野球大会の決勝戦を甲子園で実施するという点です。

今年で25回目となる女子大会。

7月24日〜8月1日で、準決勝までを兵庫県丹波市に位置する「つかさグループいちじま球場」および「ブルーベリースタジアム」で実施。

そして8月22日に史上初、甲子園で女子高校野球決勝戦が行われます!

 

男子とともに野球部に所属する女子もいますが、公式戦には規約によって出場できなかったため、これはとても大きな一歩だと思います。

ここまで来たらぜひとも朝日放送で全国放送もやってほしいところですね。

おわりに

2021年夏の甲子園の開催情報とスケジュールについて簡単にまとめました。

 

女子の高校野球、私は全く知りませんでした。しかも甲子園で初!となるととても胸アツです・・。

しかもしかも、オリンピックが7月23日〜8月8日(7/21に予選開始)、パラリンピックが8月24日〜9月5日とちょうど甲子園前後の日程で開催されます。

今年の夏はテレビから目が離せませんね!!

 

スポンサーリンク
コメントを残す