桝屋の木の箱で冷たいご飯が復活する!?枡のおひつ COBITSUとは?

桝屋さんの木の箱で冷たいご飯が美味しくなることをご存知でしょうか。

クラウドファンディングで累計1000万円以上を集めたCOBITSU(こびつ)という商品なのですが、

今回はこちらの商品についてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

桝屋の木の箱でご飯が美味しくなるCOBITSU(こびつ)とは!?

大橋量器/枡工房ますやさんとデザイナーの南地秀哉さんが8ヶ月の試行錯誤を経て開発した枡のお櫃 COBITSU(コビツ)

 

ヒノキ素材でつくられたCOBITSUの使い方はとっても簡単で、

  1. COBITSU本体の内側を軽く湿らせる
  2. 炊きたての熱いご飯をよそって蓋をする
  3. バンドで留めてそのまま冷凍するだけ

 

冷凍から取り出して食べるときは、COBITSUごと500Wのレンジで3分〜3分半程度温めて、軽く全体をほぐすだけ!

これだけで冷凍ご飯が格段に美味しくなります。

 

ヒノキのおひつ効果によって冷凍時のご飯の湿度調整が適切になされ、さらに解凍時は蒸し器効果で万遍なくしっとりと温めることができるそうです。

 

ご飯をラップでくるんで冷凍ストックしておくととても便利なのですが、解凍時に若干パサパサしたり冷たい部分と熱い部分に分かれたりするので、これがあればいつでも美味しい状態でストックできますね・・!

COBITSU(こびつ)の通販お取り寄せはできるのか?

現在はクラウドファンディングサイト「Makuake」にて支援してくれたサポーター向けに生産中のようで、少なくとも2021年9月末頃まではその状況は続くようです。

気になる一般販売のほうはというと、2021年10月の予定となっています。

COBITSU(こびつ)の価格は?

生産工程の改善を進めているところで、販売価格は未定とのことです。

参考までにクラウドファンディング時点でのサポート価格が4,500円(税込)でした。なので、4,500円前後になるのでは?と思います。

 

ただ、いま現在、販売開始後に使える限定クーポンの予約を下記公式サイトの最新情報欄(2021/05/18分)から実施されています。

大橋量器

 

「割引クーポンの予約を受け付けております。」と書かれたリンクから、Googleでログインして必要事項を入力すると、10月の販売開始前にメールでクーポンコードが届きます。

5月中の予約なら10%OFFクーポン(6月になると5%OFF, 8月になると3%OFF)が貰えるので、気になる方はクーポンの予約だけでもどうぞ!

スポンサーリンク

COBITSU(こびつ)の口コミと気になる点

一足先に手に入れた方の口コミを見てみましょう!

どれも美味しそう・・(^q^)

ほとんどデメリットらしきデメリットが見当たりません。

 

が、個人的に気になるのはカビとの付き合い方です。

ひのきは抗菌作用がとても高いので、湿気の少ない暗所に保管したり、風通しをよくしてやればまず大丈夫です。でなければ、檜風呂とかスグ駄目になりますからね。

入れるものがご飯だけなら、ほとんど洗剤も必要ないでしょうし、長持ちすると思います。米粒がこびりつかないようにコーティングされているそうですし。

とはいえ、ある程度は消耗品と思って数年使えればいいやと割り切って検討されたほうがよいかもしれませんね。

 

話はちょっと違いますが、お弁当箱として人気な曲げわっぱ ⇒ 曲げわっぱな日々

さすがに20年使ったら、もう十分すぎると思います笑

 

また、COBITSUのデザイナーさんによるデザインプロセスの話が掲載されており、なかなか興味深くて検討される方には参考になります。読み物としても面白いです。

冷凍のご飯がふっくら温まる枡のおひつ「COBITSU」のデザインプロセス&記事まとめ|note

おわりに

桝屋さんがつくった枡のおひつ COBITSU についてご紹介しました。

旅館のご飯がなんであんなに美味しいんだろうって、ヒノキ等の大きなおひつで蒸らしてるのが大きいと思います。

あれが家で簡単に食べられると思ったら、ヨダレが出てきますね(^q^)

 

スポンサーリンク
コメントを残す