無印良品のトングは4役?シリコンに秘訣あり!口コミや価格も!

無印良品のトングは1本で4役こなせるスグレモノです。

そのヒミツはシリコーン素材にあるようです。

超利用できるシリコーン調理用トングの機能や口コミ・価格についてまとめました。

スポンサーリンク

無印良品のトングは4役こなせる?

シリコーン調理用トング

無印良品のシリコーン調理用トングは4役こなせるそうです。

その4役とは、「炒める」「つかむ」「混ぜる(和える)」「取り分ける(盛る)」です。

これ1本あれば、大体の調理が可能になります。

無印良品のトングはシリコン素材!

素材にシリコーン(先端はシリコーン、持ち手はナイロン)を使っているのが素晴らしい点です。

 

シリコーンを使うことで

  • フライパンや鍋を傷つけない
  • 柔軟性(しなり)があるので食材の下に滑り込む
  • 洗いものがラクチン
  • 子どもがケガしない

ので、安心して調理ができます。

 

トングの先端も、片側がスプーン・片側が横割れフォークのようになっているので、フライパン上での食材の掴みやすさはピカイチです。

また、グリルで焼いた魚だって、鍋で茹でた麺だって、細々としたサラダだって、スムーズにつかめます。

無印良品のトングの口コミや価格は?

メリットは上述の通りですが、デメリットはあるのでしょうか。

 

世間の口コミをみると、以下のようなものがありました。

    1. 長くてかさばる
    2. 先端が閉じられない
    3. 食洗機が使えない
    4. シリコーン特有の匂いが気になる
    5. 先端の開きが小さくつかみにくい

     

    1,2は収納に関するお悩み、3,4は商品の注意書きにもある部分ですね。

    4の匂いは、熱湯に入れるとニオイがするとか、食材にニオイ移りしそうとか確かに気になるかもしれません。

    5は商品によってバネの具合に個体差があるようで、店舗で一番掴みやすそうなのを選ぶのがおすすめです。

     

    とはいえ、私的にはメリットのほうが大きく、コスパも悪くないと感じるので、デメリット差し引いても★4つは固いかと思います。

     

    価格を含む商品情報は以下の通りです。

    商品名 シリコーン調理用トング
    価格 690円(税込)
    商品スペック 重量:約80g,長さ:約27cm

    耐熱性:先端部200℃まで/持ち手部150℃まで

    購入先(公式) シリコーン調理用トング|MUJI 無印良品
    購入先(Amazon) 無印良品 シリコーン調理用トング|Amazon

     

    なお、公式から購入する場合は、別途配送料500円(税込)が発生します(※ 対象商品5,000円以上を1回で購入する場合は無料)。なので、出来れば店舗で購入するか、慣れた方ならAmazonがおすすめです。

     

    ちなみに以下2つのほうがAmazonでは売れ筋です。前者は無印でトングの前に発売されて大人気になった調理用スプーン、後者はサーモス製です。

    「つかむ」のは難しいですが、「炒める」「混ぜる」「取り分ける」はできます。

    無印良品 シリコーン調理スプーン(590円)

    サーモス(THERMOS) シリコーンクッキングスプーン(930円)

     

     

    スポンサーリンク

    おわりに

    無印良品のトングは1本で4役こなせるシリコーン素材の調理用(超利用)ツールとご紹介しました!

    デメリットもありますが、コスパは良いので、騙されたと思って一度は試してほしいキッチンツールです。

     

    スポンサーリンク
    コメントを残す