郡山城でお花見!お城まつりと周辺の奈良の見どころ・グルメ・観光!

郡山城のお城まつり

 

あと10日もすれば桜も咲いて、待ちに待ったお花見の時期ですね。

いつも思うのですが、桜ってもう少し長く咲いてくれればいいのに。
2週間はちょっと短すぎます。

 

今回は私の地元である奈良県は大和郡山市。。

金魚の名産地として有名な町の、郡山城跡で催されるお城まつりでのお花見についてリポートします!

スポンサーリンク

郡山城のお花見

奈良県のお花見スポットといえば、吉野の桜が有名です。

ですが、吉野は奈良でもかなり南のほうで遠い。

私も一度しか行ったことありません(しかもお花見の時期じゃないorz)。

 

それに対して、郡山城は近鉄郡山駅の直ぐそばにあって比較的アクセスもよく、人の多い奈良県北部に位置しています。

大阪や京都からでも(遠いは遠いですが)来やすいのがメリットといえるでしょう。

 

日本のさくら名所100選」や「続 日本100名城(要は200名城)」にも選ばれた郡山城は一見の価値はあると思います。

郡山城の歴史について要約

郡山城は天正8年(1580)に筒井順慶によって築城されました。

筒井順慶は織田信長の支援を受け、天正4年(1576)に大和国の支配を成し遂げた後、郡山城へ入城したのです。

明智光秀が天正10年(1582)に信長を討ち取った後、味方となるよう誘われるも消極的な日和見主義を貫き、結果、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)へ従う意思を示す。

小牧・長久手の戦いの後、筒井家の後を継ぐかたちで天正13年(1585)に豊臣秀吉の弟である豊臣秀長が郡山城へ入城。箱本十三町と呼ばれる新しい自治制度を初めとした商業改革をもたらしました。

 

郡山城跡

現在はお城の石垣と天守台のみ残されていますが、400年前の趣を残しつつも近年修復作業も進められており、その歴史と風景を堪能することができます。

 

郡山城跡

天守台からの風景。

郡山城のお城祭り

郡山城でのお花見の期間と合わせて毎年開催されるのが「お城まつり」です。2019年(平成31年)で第59回を数えます。来年、新元号元年となってめでたく60回を迎えることとなります。

 

詳しくは、お城まつりパンフレットをご参照いただければと思います。

郡山城のお城祭りの日程

平成31年の開催日程は、3月24日(日)〜4月7日(日)です。

毎年、大体同じ時期の日曜日〜日曜日です。

 

ウェザーマップによると、平成31年の奈良の桜の開花予想は

・開花予想日:3月24日(日)

・満開予想日:4月01日(月)

・見頃:3月31日(日)〜4月07日(日)頃

となっているようです。

郡山城のお城祭りの駐車場について

広い駐車場の候補をいくつか挙げます。

(無料駐車場のような路上駐車のようなものがあったりなかったり噂はありますが、公式に載ってない情報なので割愛します)

 

[su_gmap address="三の丸駐車場"]

近鉄郡山駅そばの立体駐車場です。380台収容。

60分100円、90分200円、120分300円(以下60分ごとに+100円)です。

 

[su_gmap address="やまと郡山城ホール"]

市民憩いの図書館や音楽ホールの駐車場です。170台収容。

2時間無料、2時間を超えると500円かかります。

 

[su_gmap address="アピタ大和郡山"]

アピタ大和郡山店の西側駐車場ー旧郡山土木事務所間(会場まで徒歩約7分)で、最近流行りのパーク&バスライドを実施してます。駐車場無料+バス料金無料。ただ、バスで15分くらいかかるので、あまりおすすめはしません。

実施日は開催期間中の土日、10時〜18時の30分間に一本運行されます。

 

[su_gmap address="イオンモール大和郡山"]

大和郡山市最大のショッピングモール。もちろん駐車場は無料。近鉄郡山駅そばのバスロータリーまで100円で行けて距離も近いので、アピタよりおすすめです。バスは30分に一本程度です。

 

[su_gmap address="オークワ大和郡山柳町"]

あまり大きな声では言えませんが、ここは穴場です。ってか、これ言い出すとコンビニとか飲食店とか市役所とかなんでもありになっちゃうんですが^^;;

著作権問題で少々話題になった金魚電話ボックスもこの近くにありました。

 

他に観光されないのであれば、車で行くより電車で行くほうが個人的にはおすすめです。電車でお越しの場合は、近鉄郡山駅より徒歩5分、JR郡山駅より徒歩15分程度です。

 

郡山城のお城祭りの渋滞情報

さくら名所100選に選ばれているとはいえ、ある程度マイナーな小〜中規模のお祭りなので、そこまで混雑することはありません。

郡山城と近鉄特急

やまと郡山城ホール前のT字路が混むくらいです。ちょうど上の写真に近鉄特急が映ってますが、ここの踏切で混雑します。が、それほどのものではありません。10分かからず抜けられることがほとんどです。しかしお城まつり中だと稀に20〜30分かかることもあります。

 

パレードのある3月31日(日)と4月07日(日)の13時〜16時は、この付近で交通止めとなるので、そちらのほうも注意が必要です。(詳しくは公式パンフレットまで)

郡山城のお城祭りの屋台

ありふれた屋台です。だが、それがいい!(何

 

からあげの屋台はどんな祭りでもそうですが、当たりハズレがあるので注意!

あと、テキ屋の兄ちゃんのくじ引きは、時に子どもの夢を壊すことになるので更に注意!!

 

郡山城の桜

公園があったり、池があったりするので、ロケーションの良い場所で食べると美味しいです。レジャーシートは持ってきたほうが何かと便利。

また、公衆トイレは数箇所あるもののそれほど綺麗ではないので、ティッシュペーパー等はあったほうがいいと思います。

郡山城の桜のライトアップ

郡山城の桜

開催期間中は毎日18時〜21時にライトアップされます。提灯がライトアップされて綺麗です。なお、天守台も同時にライトアップされます。

郡山城のお城祭りのパレード

お城まつりのパレード

お城まつりのパレード

3月31日(日)14時から時代行列/白狐お渡り、4月07日(日)14時から市民パレードが実施されます。写真は市民パレードの様子で、時間が30分程度。

決して豪華絢爛ではないですが、地元の祭りらしいほっこり感があります。

スポンサーリンク

郡山城周辺の奈良の見どころ・グルメ・観光!

折角奈良まで足を伸ばしてもらったのに、郡山城だけ見て帰るのは勿体ないです!

 

とりあえずころっけのハヤシで、コロッケ(1個70円)を食べましょう!

駅前すぐです。日曜定休日なのでご注意を。

 

車で来ているなら以下の3軒がおすすめです!

 

とんまさ

郡山城から車で約5分。近鉄郡山駅前から出るバスでも来れます。

とんまさ

わかどり大の威力は並じゃない!衣が卵たっぷりで重いが軽いです(どっち

食べ切れなければ持ち帰りできます。が、実は並で十分な量なのです(笑)。

 

みつ葉 the second

郡山城から車で約15分。

ラーメンみつ葉

奈良県下No.1といっても過言ではないラーメン屋。本店は一時期食べログ4点台で、こちらの2号店はその味を完璧にトレースしてます。4点台は伊達じゃないっす、マジで。

日曜日休みなので要注意という点と、並ぶので出来れば11時過ぎか、14時前後に行ったほうがいいと思われます。稀にスープ切れで閉店したり、よくイベント参加で不定休を取ったりするので難易度高めなお店です(本店ほどではないですが)。

 

私のようにラーメンがお好きなら、彩華、天スタ、あまのじゃく、NOROMAあたりは機会があれば行ってみてもいいかもです。

 

彩華ラーメン

彩華ラーメン

 

あまのじゃく

あまのじゃく

 

まぁ、ラーメンの旨い店に共通して言えるのは、店内が整っていて綺麗だったり、机がギトギトしてないことですね。

 

GiGi

郡山城から車で約15分。

カフェとカレーのお店です。おしゃれでゆったりした雰囲気が流れます。とりあえずGiGiカレーを注文されるとよろしいかと思います。ハヤシライスもミルクたっぷりでおすすめです。駐車場は狭いですが、店舗横に2〜3台停められます。

ジジカレー

 

運が良ければ、フレブルのソイ君と出会えます。めっっちゃおとなしくて和みます。

ジジカレーのソイ君

 

みつ葉 the second、GiGiあたりまで来られたのなら、合わせて斑鳩三塔(法隆寺、法輪寺、法起寺)や、慈光院、松尾寺、矢田寺あたりを観光されていかれると良いと思います。

駐車場は有料のとこに停めるのもいいですが、意外と近隣のお店とかでなんとかなります(爆)。

奈良の魅力はまだまだ!

大体、奈良に観光っていうと、奈良駅周辺の東大寺とか興福寺周辺が一番人気なんですよね。

で、再訪するとなると、平城宮跡だったり、吉野だったり、飛鳥だったり、橿原神宮だったり、法隆寺だったり、薬師寺だったり、唐招提寺だったり。

私自身も行ったことのないところが沢山あります。

 

そういう意味で、郡山城っていうのはかなりマイナーなとこになると思うのですが、車で来られるなら、法隆寺や薬師寺は意外と近くて、奈良駅周辺以外の第2、第3の奈良の魅力を味わってもらうにはもってこいだと思うんですよね。

 

特に桜の時期はどこも綺麗なので、郡山城を起点として観光されてみても面白いと思います。

それではまた(´∀`*)ノ

 

スポンサーリンク
コメントを残す