野菜ジュースの効果は本当?青汁とどっちがいい?コスパ最強は!?

 

1日に摂取すると良いとされる、野菜350g。

ですが、男の1人暮らしでは夢のような数字です。

少しでも補うべく野菜ジュースを気休めに飲んではいるものの、野菜ジュースって本当に効果あるのかな?

 

こう疑問に思われる方は私だけではないはずです。

青汁と較べるとどっちがいいんだろう?

とは言え、青汁って高いし不味そうだよな、なんて。。

 

今回は私なりに調べた上で、落としどころとして見出したコスパ最強の野菜ジュースを紹介しています。

スポンサーリンク

野菜ジュースの効果は本当にあるのか

野菜ジュースを飲む人って、基本的に健康に気を遣う人だと思います。

ただ、面倒くさいし時間もないので、お手軽にジュースで飲めるといいなーって感じじゃないでしょうか。

 

で、1日分の野菜が摂れる、なんて謳い文句に誘われて飲み始めてみたものの、ある時「本当かよ?」と疑いたくなってくるんですよね。

本当に効果があるのか?と聞かれれば、「効果はあるけど十分ではない」「あくまで補助的な役割で」というのが正解です。

 

なんにしてもそうですが、それ単体で全てを賄えるものなんて存在しません。

「1日分の野菜が摂れる」というのも、嘘ではないけど本当でもない。広告というかセールストークなのでそんなもんです。

オールオアナッシングでまわるほど世の中は簡単じゃないでしょう。

 

そもそも、「1日分の野菜」ってなんぞや?

と疑問に思うところです。

 

多くの場合、厚生労働省が健康づくりの指標として提示している野菜摂取量の目標値=1日あたり350gを指して言っているのですが、あくまで量の目標値であって質は問われていません。

ざっくりと緑黄食野菜1(120g)に対して、淡色野菜2(240g)くらい摂ればいいってことですが、それでも何の野菜を食えだの、有機栽培の野菜に限るだの言ってるわけではありません。

 

体質によっても必要な栄養素は変わってくるでしょうし、野菜に含まれるビタミンやミネラル以上に、タンパク質のほうが重要だったり。

ってかビタミンはともかく、ミネラルってなんだよ?って思ったり。

 

「1日分の野菜」という謳い文句が独り歩きしているだけで、あくまでざっっっっくりとした目安でしかないわけですね。

 

要するに「1日分の野菜」というと、イメージしがちなのは「1日に必要な栄養素が完璧に補える!」完全食品みたいなものですが、実際のところは「栄養なんてどうでもいいから野菜(汁)が350g含まれてる」ってことです。

ここが嘘ではないけど本当でもないポイントです。

 

では、野菜汁が350g含まれてるのに、なぜ「効果がない」と疑われるのでしょうか。

理由はいくつかあります。

1,水溶性ビタミンが加熱処理で失われる

野菜ジュースの多くが「濃縮還元」と呼ばれる製法でつくられています。

簡単にいえば世界中の野菜を加熱してドロドロに溶かした状態で国内に運び、水で嵩増しするわけです。

その過程でビタミンCを始めとする水溶性ビタミンの多くが失われます。ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類があり、脂溶性ビタミンしか残らないということです。

しかし、人工的にあとからビタミンCを添加して補うことが多く、野菜ジュースを飲むのはサプリメントを摂るのに近い感覚かもしれません。

2,酵素が失われる

酵素ってなんぞや?という感じですが、酵素とはタンパク質の一種で主に消化や代謝を担うものです。これらはそのほとんどが製造過程において壊れてしまいます。

3,不溶性食物繊維が摂取できない

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、水溶性1に対して不溶性2を摂取することが望ましいとされています。

野菜ジュースには水溶性食物繊維しか含まれておらず、それしか摂らないと下痢や便秘になりがちです。

そうすると折角摂取したビタミンやミネラルも排出されていってしまいます。意図的にイモ類やきのこ類を食べることが必要です。

4,食品添加物が多い

添加物嫌いな特に健康志向の高い人には受け入れがたいものでしょう。

5,糖質が多い

飲みやすくするために糖分が多量に含まれています。飲み過ぎには注意が必要です。

 

上記のようなところでしょうか。

製造過程で失われるものは確かに多く、生の野菜や果物をミキサーにかけてつくる野菜ジュースには敵いませんが、足りない栄養素を補う意味合いでお手軽に摂取するにはとても有効だと思います。また、βカロテンやリコピンなど濃縮還元することで摂取率が跳ね上がる栄養素もあります。

国産野菜じゃないと農薬が怖い、なんて声もあるかもしれませんが、日本の農薬使用量は世界2位とか3位とか言われています。日本は農地面積が狭いため、統計のトリックだという声もありますが、どこの農家でどんな野菜にどれだけの農薬が使われているかなんて、直接契約でもしない限りわかりっこないでしょう。要は国産の野菜だからと言って、安心材料にはなり得ないということです。道の駅で生産者を選んで購入するならともかく、野菜ジュースならわからなくて当然。

 

 

ということで。

野菜ジュースは効果があります

しかし、あくまで栄養補助食品的な役割で、日々の食事で不足しがちな栄養素を付加する目的で飲用するのが正解です。飲んだから直ぐにどうこうなるものでもありません。案外馬鹿にできないのは「野菜摂ってる!」とプラシーボ効果を得られるところかも。

 

野菜摂らなきゃ!と躍起になって好きでもないものばかり食べてる人より、「あー旨かった!」と毎食好きなものばかり食べてる人と、どちらが健康的なのか、一度は考えたほうがいいかもしれません。

好きなものを食べるための免罪符的に野菜ジュースを摂るのもいいと思います。

野菜ジュースと青汁だとどっちがいい?

野菜ジュースと青汁、どっちがいい?と言われても、はっきり言ってわかりません(´・ω・`)

結局は、どこまでお金と時間をかけられるか、に尽きると思います。

 

本当に安くて本当に良いものなんて、めったにありません。ほとんどは高ければ良い、安ければ悪い、が当たり前です。

よくTV通販とかネット通販で青汁の広告やってるじゃないですか?あれ、結構高いと思うんですよ。好きで飲むわけでもないものに、そんな金かけれるかって、私なんかは思ってしまう。

でも、高いってことはそれなりの効果が見込めるはずなんですよね。まぁ宣伝広告費にばかりお金つかってる変な業者には気をつけなければならないのだけど(過去には脱税で捕まったチャラい青汁業者がいましたね)。

 

もっというと、セレブや一部の富裕層は、その層しか知らないような情報を持っていて、バカ高いけど絶対的に効果があるものだけを選んでいたりするわけです。

 

庶民で手が届くのはせいぜい通販レベルまで。好みで選べばいいと思います。

時間と手間をかけられるなら、自分で好きな野菜や果物を選んで、ミキサーするのが一番確実です。お金をかけられるなら、更に無農薬・有機栽培のものを選ぶとか。

 

まぁ、野菜ジュースか青汁かで悩む人は、「お手軽に!」ってのがテーマだと思うので、そんな手間かけてられないのは重々承知してますが。。

 

その上で、私が手を出したものをご紹介すると、ドラッグストアで売ってる青汁。

↓↓これとかですね。

金の青汁

 

2000円弱で90袋入ってて、1杯あたり20円程度でかなりコスパいいので、しばらく飲んでいたのですが、ある時ふと気になって栄養成分表を調べてみたんですよ。

金の青汁の成分表

 

細かいことはよくわからないのですが、「あ〜、これ緑茶飲んでるのと変わんねぇわ。。。」って印象でした。

厳密に緻密に調べていけば、特定の栄養素が豊富に含まれているのかもしれません。ですが、各種ビタミンやアミノ酸のいくつかについて、一日に必要とされる摂取量と見比べてみると数%程度しか含まれていなかったような気がします。

 

なるほど、栄養補助食品なので、数%でも補助できればいいのかもしれませんが、わざわざ飲むほどのものか?と思ってしまいました。

国産原料で売上No.1に嘘はないでしょうし、まんべんなくいろんな栄養素が摂れる点についてはメリット、、何より安価なので素晴らしいとは思いますが、私が求めていたイメージとは乖離していました。

 

かと言って、通販で青汁買うほどお金はかけたくないし、ぶっちゃけどの程度の栄養が摂れるかもわからんし。。

ほんと、これ1杯で確実に1日に必要な栄養素の◯%が摂取できます!って、嘘偽りなく断言してほしいところですよね(´・ω・`)

スポンサーリンク

コスパ最強の野菜ジュースは?

で、最終的に行き着いた先がこちら↓↓

1日分の野菜 1日分の野菜 1日分の野菜

伊藤園の1日分の野菜(公式)

 

「結局、1日分の野菜かーーい!」ってツッコミはおいといてもらって\(^o^)/

とりあえず野菜汁350g使ってる安心感と、足りない栄養素を添加している企業努力、飲みやすさ、なにより管理栄養士推奨というところに惹かれました。

 

栄養成分表をみると、さっきの青汁のほうが勝ってる部分もあってなんとも言えないところではありますが、それでも野菜を摂ってる納得感とお手軽さでこちらの勝ちです。

 

コスパの面でいえば、Amazonだと1本あたり70〜75円と高いので、近くのスーパー(ハッスルやサンディ)で 49円(税抜)の時を狙ってまとめ買いしてます。

どちらも関西メインのスーパーなので馴染みのない方が多いかもしれませんが、よく買い物するご近所のスーパーで特売日を狙って探してみてはいかがでしょうか。

 

見当たらない場合は(鮮度は落ちますが)900mlのペットボトルを買ったほうがコスパはいいかと思います。

まとめ

野菜ジュースの効果は本当かと聞かれれば、本当だが補助的なものというのが正解です。含まれる栄養素は1日に必要な量の、数分の1程度と考えておいたほうがよいでしょう。

また、野菜ジュースか青汁どっちがいいかと言えば、それはもうお好みで。場合によっては、プロテインやサプリメントを飲んだほうがいいかもしれません。

コスパ最強の気持ち的に上がる野菜ジュースは伊藤園の1日分の野菜でした。気持ちは本当に重要です。健康を気にしすぎるあまり、不健康になることだってあります。自律神経のバランスを整えるには気にしすぎないことも肝要です。

 

本当は生の野菜を食べたいところですが、野菜好きじゃないと辛いものですし、意外とお野菜高いんですよね。。好きでもないのにわざわざ買って食べるかという話(´・ω・`)

また、機会があれば、生野菜のお手軽調理法についても取り上げてみたいと思います。1つだけおすすめしておくと、3COINSで売ってるレンジ調理器具は、野菜を切って洗ってレンジでチンするだけで茹で上がるのでとてもおすすめです。そのまま冷蔵保存できますしね(^^)

 

スポンサーリンク
コメントを残す