小豆島のオリーブ園の料金と所要時間。魔女の宅急便もあるよ!

小豆島オリーブ園の風車

小豆島に行ったらオリーブ園は是非見ておきたいところ。

今回はオリーブ園の料金や実際にどれくらいの所要時間がかかるのか、レポートしていきます。オリーブ園以外にも観光名所は多いので、お財布の具合や必要な時間って気になるものですからね。

また、合わせて見どころについてもご紹介します。特に実写版「魔女の宅急便」のロケセットである風車やカフェは必見です。

 

オリーブ園やオリーブ公園の営業時間やアクセス方法(私の体験談ですが^^;)も宜しければご参考まで↓↓

小豆島のオリーブ園とオリーブ公園の違い。営業時間とアクセスのバス。

スポンサーリンク

小豆島のオリーブ園の料金は?

オリーブ園やオリーブ公園の料金は、有り難いことに無料です。

レストランやカフェで食事したりお土産を買ったり、温泉に入ったりしない限りは全部無料で見てまわれます。

 

オリーブ公園にある真っ白なギリシャ風車は、実写版「魔女の宅急便」のロケセットとして撮影されたものですが、なんとここも無料です!普通こういうとこって別料金なことが多いので有り難い限りですね。

 

で、あとで写真も載せますが、みんなこの風車の下でほうきに跨ってキキさながらに写真撮影してるのですが、このほうきも実は無料貸出ししてるんです。

 

そうとは知らず、彼女と一緒に「とりあえず風車の写真だけ撮れればいいよね!」と、オリーブ公園に着いてすぐ風車に直行してしまいました^^; ほうきの無料貸出しはオリーブ公園内のオリーブ記念館でやっていることを知ってれば、先にそっちに行っていたのに。

 

風車で写真を撮り終えたあと、オリーブ園をぐるりと回ってからオリーブ記念館に向かう途中、ほうきを2本持った男女5人組が「ほうき、要りません?」って聞いてきたんです。「(いやそれ勝手に有料だし勝手に渡しちゃダメでしょ)いえ、大丈夫です^^;;」って断っちゃったんですが、今思えば返却が手間だから渡したかったんだろうなぁ。。素直に借りておけばよかった。。

小豆島のオリーブ園を回る所要時間は?

オリーブ園とオリーブ公園をぐるりと一周するだけなら30〜40分あればいけるかと思います。もし、お土産を吟味したり、レストランや温泉に入るのなら90〜120分はあったほうが良いでしょう。

 

私は風車やミモザの前で写真を撮って、オリーブ園のほうとオリーブ公園のほうを一通り見たつもりでしたが、いろいろと見落としがありました(´;ω;`)

それでも写真を撮ったりソフトクリームを食べたりしてると、40分くらいかかったので、きっちり見て回りたいなら、60分くらいはみておいたほうが良いかと思います。

スポンサーリンク

小豆島のオリーブ園といえば魔女の宅急便!

魔女の宅急便のロケセットがあるのは「オリーブ公園」のほうです。オリーブ園と繋がってるのであまり気にならないかもしれませんが。

道の駅小豆島オリーブ園

 

オリーブ公園内にあるオリーブ記念館でほうきの無料貸し出しをやってます。

小豆島オリーブ記念館

 

小豆島オリーブ園の魔法のほうき

 

平日に行ったんですけど、それでもほうきはなくなってました。風車のまわりで写真撮り終わった人から直接借りるのがいいかもしれません。

 

小豆島オリーブ園のアート作品

なんとなくアートっぽいものや。

小豆島オリーブ園のオリーブポスト

幸せのオリーブ色のポストもあります^^

 

小豆島オリーブ園のギリシャ風車

小豆島オリーブ園と瀬戸内海

魔女の宅急便に登場するギリシャ風車。

 

魔女の宅急便

ほうきに跨ってジャンプ!飛んでるような納得いく写真が撮れるまで連写!!

 

小豆島オリーブ園のオリーブ畑

オリーブ園に通じる道。オリーブ畑。

 

小豆島オリーブ園のオリーブの原木

樹齢100年を超えるオリーブの原木の1本。これらの原木から日本のオリーブ栽培は始まったんですね。

 

小豆島オリーブ園のミモザ

ミモザがとても綺麗です。

 

小豆島オリーブ園のレストラン

オリーブ園の海の見えるレストラン。時間があれば食事してみてくださいな。

 

小豆島オリーブ園のアートギャラリー

光のアートギャラリー アルテトラ。和風な建屋でこんなところに住んでみたい!と思わせる造りです。

 

「魔女の宅急便関連、風車以外ないのか!」って思われるかもしれません。が、実はいろいろあったんです。私が知らなかっただけで(´;ω;`)

 

雑貨ハーブカフェコリコ

魔女の宅急便に出てくる「グーチョキパン屋」のロケセットです。レトロな赤と緑に包まれた優しい空間は映画の雰囲気を醸し出しています。

 

始まりの本

ディズニーにありそうな高さ3mの大きな本のモニュメント。ほうきを持って写真を撮りたいところです。

 

魔法の扉

白い「どこでもドア」とでも形容すべき魔法の扉が、稀にオリーブ園のどこかに出現するようです。これは見つけられたらかなりラッキーかも。

 

魔女の宅急便以外だと、

 

寄り添う外灯ベンチ

ベンチにレトロな緑の外灯が2本、男女のように寄り添って佇んでいます。

 

いろいろきいろ

カフェオリヴァス内にある黄色い光をモチーフにした空間です。

 

 

下調べは重要ですね。。温泉もあるって知らなかったし。

みなさんは是非みてきてくださいね。

まとめ

小豆島のオリーブ園の料金や所要時間、見どころに関するレポートでした。無料は本当嬉しいです。

私が行った時はあいにく曇ってましたが、晴れると青空と瀬戸内海をバックに魔女の宅急便のような写真を撮れるのでとってもフォトジェニックなスポットです。アート作品も多数ありますしね^^

 

私が回れなかった(知らなかった)スポットまでまわったり、栞にする♡型のオリーブの葉を探したりしてると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

幸せのオリーブの葉で栞作り

 

最低でも1時間、できればもっと余裕をもっておでかけされてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク
コメントを残す