小豆島のオリーブ園での食事やソフトクリーム,お土産について

オリーブソフトクリーム

小豆島はオリーブオイルを初めとして、オリーブ牛や手延べ素麺、醤油など、意外と特産品が多いです。

しかし、レストランやカフェ等のお食事処が少なく、名産品を食べようと思うとバスでの移動が必要になったりします。

そんななか、オリーブ園・オリーブ公園にはレストランやカフェが複数あり、旅先では外せないご当地ソフトクリームもあります。もちろんオリーブを使ったお土産も多数取り揃えられているので、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

小豆島のオリーブ園で食事するなら?

オリーブ園・オリーブ公園(オリーブ園に併設されています)内で座って食事のできるスポットは3つあります。

 

[su_box title="オリーブパレス【レストレア】(オリーブ園内)" style="soft" box_color="#40dba0"]

オリーブパレス レストレア

営業時間:9:00〜16:00(ランチタイム 11:00〜15:00)年中無休

席数:80席(20テーブル,テラス席3テーブル含む)

※ 団体予約が入っている場合、個人のお客様はお断りされる場合があります。

 

<ご当地メニュー>

もろみ味噌とたっぷり野菜のひしお丼 950円

小豆島のエキストラバージンオイル、小豆島産のもろみ味噌を使ったそぼろ、地の野菜各種。

更にオリーブ牛を使用した「特製ソースでいただく オリーブ牛のひしお丼(1,250円、1日10食限定)」もあります。

小豆島二色素麺セット 1,000円

小豆島特産素麺「島の光」とオリーブを練り込んだ「オリーブ素麺」に、天麩羅とおにぎりが添えられています。

春夏秋冬で変わる季節のパスタ

旬のパスタが2品ずつ、4シーズンで計8品あります。オリーブオイルやオリーブの実が使われているものも多数。

[/su_box]

 

[su_box title="カフェ OLIVAZ/オリヴァス(オリーブ公園内)" style="soft" box_color="#40dba0"]

営業時間:11:00〜16:00 火曜定休(ラストオーダー 15:30)

席数:36席

※ ドリンクメニューのみのテイクアウト(10:00〜17:00)もあります。

 

<ご当地メニュー>

OLIVAZ チリンドロンライス 1,300円

野菜と鶏肉のトマト煮であるスペインの郷土料理チリンドロンに、十五穀米・温玉・ローストポテト・サラダ・オリーブオイルを添えて。

OLIVAZ サラダピザ 1,250円

自家製トマトソースにベーコン・パルメザンチーズ・温玉、そしてオリーブオイル。

春夏秋冬で変わる季節のスープ

スペインやイタリアの各地方のスープに、バゲットと勿論オリーブオイルが添えられます。

[/su_box]

 

[su_box title="道の駅レストラン サン・オリーブ(オリーブ公園内)" style="soft" box_color="#40dba0"]

営業時間:11:00〜19:30 水曜定休(ラストオーダー 18:30)

席数:52席

 

<ご当地メニュー>

ヘルシー焼き豚丼 1,000円

オリーブ豚と小豆島米を使用。お味噌汁付き。

小豆島 島鱧丼 1,200円

小豆島近海でとれた鱧(はも)と小豆島米を使用。白だしでだし茶漬けも楽しめる。お味噌汁付き。

オリーブラーメン(塩・トマト) 800円

オリーブオイルを練り込んだ麺を使用。+150円で小豆島米のリゾットも楽しめる。

手延べオリーブ半生そうめん(温・冷) 650円

小豆島の手延べそうめんにオリーブを練り込みました。

オリーブとんバーガー 550円

オリーブ豚+特製醤油を使用したご当地バーガー。

[/su_box]

 

ちなみに私は二十四の瞳の映画村が17:00で閉まるため、時間がなくここではご当地メニューはソフトクリームしか食べられませんでした(´;ω;`)

 

みなさんは是非ゆっくり瀬戸内海の景色を楽しみながら、お食事されてくださいね(*^^*)

小豆島のオリーブ園のソフトクリーム

空きっ腹にソフトクリームはとても良く効きます。体力が回復する気がする。

私が食べたのはオリーブ公園内にあるオリーブ記念館の「オリーブソフトクリーム(300円)」(オリーブって何回言ってんだろ(^^;))

オリーブソフトクリーム

香川県の「うどん県おもてなしパスポート」というやつで50円引してもらいました。

 

味はというと・・・

とってもまったーりヽ(´ー`)ノ

 

語彙力ないので、それ以上でも以下でもないです(笑)

美味しいのは間違いないです。

 

爽やか風味の「ローズヒップソフト(300円)」というのもあるみたい?なんですが、まったく目に入らなかったので真偽のほどは確かではありません:p

スポンサーリンク

小豆島のオリーブ園のお土産

お土産を買える場所は2箇所あって、1つはオリーブ園内のオリーブショップ(9:00〜16:00 年中無休)。もう1つはオリーブ公園内のオリーブ記念館併設の売店(8:30〜17:00 年中無休)です。

 

ソフトクリームを食べた流れで後者だけ覗きました。

オリーブリース

オリーブのリース。手のひらサイズでかなり可愛かった。

 

オリーブ染のハンカチ

オリーブ染のハンカチやストラップ。

 

オリーブ油の化粧品

オリーブ油を使った化粧品も多数。彼女が自分用と職場用にハンドクリーム(600円くらい)を買ったのですが、結構良い感じみたいです。

 

もちろん食品類も多数取り揃えられてました。

 

私は予算の都合と荷物を持ち歩くのが大変なので、こちらでは購入しなかったのですが、、なんだろう、他の観光地と較べてとても目移りしました(*´ω`*)

 

 

ちょっと横道にそれますが、オリーブ公園からオリーブ公園口 バス停に向かって坂を下る途中、左手に手延べそうめんのお店がありまして。

オリーブ公園近くのわが家の手延べそうめん オリーブ公園近くのわが家の手延べそうめん

夏場はその場で食べられるみたいなんですが、3月に伺った際は直売所だけ空いていました。店主?さんは奥にいらっしゃったようで「すみませーん」と声をかけたら出てきてくれましたが、無人販売所のような雰囲気。。

 

なんでここに寄ったかというと、妹が以前小豆島を訪れた際に、こちらで素麺を購入してとても美味しかったらしく「買ってきてくれ!」と頼まれたんです。

オリーブ公園近くのわが家の手延べ麺

右上に「麺熟」ってシールのないもの(10束 880円)と、上のシールのあるもの(10束 1,180円だったかな?)があって、国産小麦の配合率が違うみたいでした。

ちなみにレジでこれを購入する際、「どうやって食べるといいですか?」って聞いたら、かなり熱いテンションで5分くらい語られました(笑)

 

話を戻しまして、お土産買いたいけど予算がない!って方には、オリーブ記念館内にある ↓↓ がおすすめです。

オリーブの葉の栞

 

オリーブ園でお好きなオリーブの葉を探してきて栞にできるというもの。葉は何枚取ってきてもよく、11種類あるしおりから好きなデザインを選んでラミネートで閉じ込めることができます。

なにやら、ハート型のオリーブの葉は幸せを呼ぶとされていて、なんだか三つ葉のクローバーみたいですね^^

価格はしおり1枚120円で、私も少し欲しかったのですが、あいにく時間がなく( ;∀;)

 

みなさんは時間があれば試されてみてくださいね。

さいごに

小豆島のオリーブ園やオリーブ公園は食事処も豊富、ご当地ソフトクリームもあり、お土産も多数。温泉もあるので、ゆっくりするにはかなり良い場所です。

まぁ、上記に並べた施設って、どこにでもあるもので普通っちゃ普通なんですが、一つひとつの質が高いと感じました。ほんと、バタバタ回るものじゃないですね^^;

 

ちなみにオリーブ園ではないですが、お土産こんなに買っちゃいました(笑)

小豆島のおみやげ

普段旅行先でこんなに買うことってないんですが、オリーブ◯◯って不思議と美味しそうに見えてくるんですよね (><)

こちらの詳細についても、また機会があれば書いてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
コメントを残す